2代得浅斎16 得浅斎の妻と子どもたち

 得浅斎の前室お雪は安政4年(1857)8月30日に没している。享年は不明である。亡くなった時の記録が岩永の『鐘奇斎日々雑記』に記されている。


 丗日 晴

 木津お雪不快、初更火急ニ申来、早速 

 罷越、一診河豚中毒危篤也、夜八ツ再

 呼来


とある。初更とは午後七時から八時の間で、木津家から火急の知らせがあり、早速馳せ参じたところ、お雪が河豚ふぐの食中毒で危篤に陥っていた。八つ時(午前2時ころ)に再び往診に赴いた旨が記されている。日記には具体的な状態はなにも記されていないが、月が改まって九月五日に、「木津葬式、名代春彦遣」とあり、二度目の往診の後にお雪は亡くなり、葬儀がこの日に執り行われたことがわかる。教信院貞龍。なお、11日の項に「木津お雪午時参詣」と記され、葬儀は春彦の代参で済ませ、11日に岩永自身が弔問している。その後、得浅斎は貞を河内狭山の馬場家から後添いとして迎えている。貞は明治29年(1896)に没し、法名を信遵院貞賢という。

<