2代得浅斎17 北風正造

 北風正造きたかぜしょうぞうは、郷士長谷川織部景則はせがわおりべかげのりと登士子としことの間に、天保5年(1834)2月11日に山城国紀伊郡竹田村(現京都市伏見区竹田)に生まれた。幼名を尚之輔、字は憲成、荘右衛門と称し、後に正造と改めた。父の景則は夙に尊皇の志が厚く、清水寺の月照げっしょうと親交があった。また母の登士子は有栖川宮家の老女で、近親にも同宮家に勤めている者もあった。正造はこのような環境に生まれ、幼少より勤王の心を胸に深く刻み付けられて成育した。九歳の時、関白九条道孝くじょうみちたかに仕え近侍となり、15歳で九条家を辞し、清水寺の忍向にんこうのもとに出入りをし、勤皇の志士達と交わり、剣術を学び17・8歳の頃には中谷謙助と名乗り、志士の群れにはいった。

 ところが兵庫津諸問屋北風家65代荘右衛門貞和そううえもんさだかずの養子となっていた実兄、荘次郎貞寿そうじろうさだとしが病死したため、正造が北風家に入家することになった。正造は19歳で貞和の養子となり、荘一郎貞知そういちろうさだともと名を改めた。まもなく養父貞和が老齢のため隠居し、正造が家督をつぎ六十六代荘右衛門貞央そううえもんさだなかと名乗った。

 北風家は北国廻船の問屋を業とし、米穀、肥料を販売し、他にも文化2年(1805)、蝦夷地御用取扱人を幕府より命じられていた。正造はそうした北風家に入家することにより、やむなく勤王の同志達と行動を共にできなくなり悶々たる日々を過ごすこととなった。そうした時に、旧知の忍向が兵庫津を訪れ「財力をもってしても、ご奉公はできる。いや今必要なものは勤王の志士たちを動かす軍資金である。」とさとされた。また北風家には『尼ぜ文書』という家訓を記した文書が伝えられており、そこには事業が大きくなり、財をなし、人が増えても私個人のものではなく、みな天皇からの預かりもので、時を得てそれらを世のため人のために有意義に使うようにと書れていた。これを正造は二22歳の春に読み、決意を新たに勤王の思いがいよいよ増したのである。実質的に正造が北風家の実権を握り一門の勢力を統率し名主となったのが28歳の時分で、この頃北風家の隆盛は頂点に達し、その名声は天下に知れ渡り兵庫津の支配をしていた。

 当時、幕府は兵庫津の日本全国の物資の