top of page

1月29日 稽古場の床

三重県のさる団体の稽古始めです。毎年私が濃茶を練ります。床には初代宗詮の烏画賛を掛けました。花は西王母と白梅を大樋焼の花入に入れ、書院に道志作で大綱和尚の書付になる藤村庸軒好みの梅絵香合を飾りました。

大福や

  いたゝく手にも

        神烏

         宗詮(花押)


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

Comments


bottom of page