11月17日稽古場の床

幕末の冷泉家の当主、冷泉為泰(れいぜいためやす)の花紅葉詠草です。花は西王母と照葉を呉須の瓶子形に入れました。



春秋に

 あかぬは

    霞む

  花

   さかり

 霧を色とる

    木々の

      紅葉

        は

        (花押)



「花(桜)」と「紅葉(もみじ)」の二文字大きく書いて強調しています。これはこの二つをテーマ、すなわち題としている詠んだ和歌です。毎年毎年春と秋が訪れると飽きないものがあります。それは霞がかかった桜の花盛り。そして霧を彩る真っ赤に紅葉したもみじです。

冷泉さんの歴代の当主は「定家様」と呼ばれる独特の筆跡で、この軸は特に個性のある為泰の書体です。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示