11月9日稽古場の床

11月は「茶の湯のの正月」とされることから、先先代家元愈好斎一行「松頭鶴」を掛けてそれを寿ぎました。床柱には唐津焼の蹲花入に神楽と錦木を入れ、口切の月ということで前に茶壷も飾りました。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示