4月26日稽古場の床

武者小路千家先代家元有隣斎筆になる「雨収花竹涼(あめおさまりてかちくすずやかなり)」を掛け、蛇籠に木槿を入れました。



雨が降り止んであたりがまばゆく輝いている中、花や竹も色鮮やかとなりそこに涼風が吹き渡っている光景を表わす句です。

有隣斎は歴代中の名筆家の一人で、特に筆や紙、墨などの文房具には格別のこだわりがありました。この墨蹟もそうした有隣斎のこだわりで、特に竹筆で書かれた書です。独特のかすれた文字で涼感があふれた作となっています。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示