5月12日 稽古場の床2

大徳寺無学宗衍の墨蹟です。花は芍薬を高橋道八の染付遊鐶花入に入れました。


薫風自南

殿閣生微量

前龍寳無学書(印)


薫風南自(より)来たり

殿閣微涼(びりょう)を生ず


この句は、唐の文宗が前半の句を作り、柳公権が後半をつけた詩が元になっています。


人は皆炎熱(えんねつ)に苦しむも 我れ夏日(かじつ)の長きを愛す

薫風南自来たり 殿閣微涼を生ず


人々は夏の日のカンカン照りの厚さを嫌がるけれど、私は一年中で一番日の長い夏が大好きです。南の方からそよそよと吹いてくる薫風によって、宮殿の隅々がもいっぺんに涼しくなる。


のちに宋の蘇東坡が為政者の詩として不適切であり、また当時の上流の人たちを諷刺した詩を読んでいます。


一たび居(きょ)の為に移されて 苦楽永く相忘る

願わくば言わん此の施しを均しくして 清陰を四方に分けたんことを


皇帝は広々とした宮殿に住んでいるので、暑く苦しい夏日の長いのが好きというのだろうが、天下の人々が炎熱の中に苦しんでいるのに気がつかないのである。どうか、もっと天下万民の上に思いを寄せ、「薫風南自り来り、殿閣微涼を生ず」のような安らぎを庶民のために分かち与えてもらいたいものだ。蘇東坡の詩は、夏の長い日をなに不自由なく宮中で遊んで暮らせばよい皇帝の思い上がりの詩であると批判しています。

天皇陛下が即位に当たり次のお言葉をおっしゃいました。


ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに常に国民を思い、国民に寄り添いながら憲法にのっとり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望いたします。


「常に国民を思い、国民に寄り添いながら」というのが君主であると蘇東坡は言っているのです。天皇陛下のこのお言葉を聞いた時、まことに素晴らしい世界に誇るべき君主であると思いました。

この「薫風自南来、殿閣生微量涼」の句を認めた軸をしばしば茶会等で目にすることがあります。案外この逸話は知られていません。この機会にご紹介しました。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示