top of page

5月31日 稽古場の床

初代松斎宗詮の柳画讃「池邊柳色雨中深(ちへんりゆうしよくうちゆうふかし)」。鉄仙と小葉の瑞菜・太藺を手付籠に入れました。

梅雨の雨に濡れて青々とした柳がいや増しに青くなります。そんな季節を迎えました。

ただの墨の線ですが柳に見えるのが良いです。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page