6月1日 稽古場の床

妙心寺690世・妙心寺派34代管長嶺興嶽の船中人物画賛を床に掛け、花は額紫陽花と破傘を鉈籠に入れました。


風鳴南岸葉

月照一孤舟

 徳源松江叟(印)





この掛軸は春日井の友人が住職に就任した折の記念に認められたものです。何十枚も書かれたとのことです。

風は岸辺の葦の葉をサラサラと音をたてて吹いています。煌々と涼しい月明かりは一艘の粗末な船を照らしています。一体この老人は水面に何を見つめているのでしょう。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

お祓