6月9日稽古場の床

冷泉為村の短冊「卯花」を床に掛け、宗全籠に紫陽花、虫取撫子、蛍袋、矢筈薄を入れて書院に置きました。


卯花

くれ深き籬にさける色はみな

夕の月とまかふうの花 為村


夕べの空を煌々と照らす月と見間違うような籬に、たわわに咲いた真白い卯の花を詠んでいます。




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前出の通り、松斎(歓深院降龍)が安政2年(1855)の元旦に亡くなり、2月5日に得浅斎は喪主として本葬を勤めている(『鐘奇斎日々雑記』)。この時、得浅斎は36歳の働き盛りであった。同十二日には恒例の利休忌を卜深庵で勤めている。得浅斎は喪中にも関わらず、流祖利休の追善の茶会を催している。 そしてこの時期の得浅斎は前後して多くの不幸に見舞われている。同年3月2日には義母の柳(教深院貞寿)が松斎の後を追