6月9日稽古場の床

冷泉為村の短冊「卯花」を床に掛け、宗全籠に紫陽花、虫取撫子、蛍袋、矢筈薄を入れて書院に置きました。


卯花

くれ深き籬にさける色はみな

夕の月とまかふうの花 為村


夕べの空を煌々と照らす月と見間違うような籬に、たわわに咲いた真白い卯の花を詠んでいます。




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東福寺は京都でも有数の紅葉の名所として有名です。山内の渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)を中心に約2000本が植えられているそうです。その中に十数本だけ御開山である聖一国師(しょういちこくし)・円爾弁円(えんにべんえん)が宋(中国)から種を持ち帰って育てたとされる唐楓の子孫があります。赤いもみじの中から伸びた樹がそうです。色づき始めるのは他のもみじと同じころだそうですが散るのが早くもうほとんど葉っぱが