top of page

7月6日 稽古場の床1

お昼の稽古の床は、江戸時代前期の江戸幕府御用絵師狩野常信の牽牛織女図です。

狩野尚信の子で木挽町狩野家2代目。はじめ父尚信に画を学び、父没後は狩野探幽に師事したとされています。江戸城や禁裏なの障壁画制作に参加し、紫宸殿の「賢聖障子」わ描き、幕府が朝鮮国王や琉球国中山王に贈った絵も制作しています。 木挽町狩野家隆盛の基礎をかため、古来より狩野元信・狩野永徳・狩野探幽とともに四大家の一人とされています。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

葉ざくら

Comments


bottom of page