8月3日稽古場の床

備前岡山藩の筆頭家老で、茶の湯を速水宗寛、玄々斎 に師事しか伊木三猿斎の「雷」の置字の画讃を掛けました。



 不作一喝用 上拄天下拄地 三猿(印)