お茶の井

更新日:2020年12月10日

 室町時代になり庭園の飛躍的な発達を遂げると、手水の施設も徐々に形式化されていきました。、慈照寺(銀閣寺)の漱蘇亭跡の足利義政が茶に愛用したと伝えられる泉の石組みからなる清井は蹲踞の手水鉢成立以前のもので、その源流とされています。






145回の閲覧0件のコメント