top of page

しののめ

しののめの別れを惜しみ我ぞまづ

  鳥よりさきになきはじめつる

「しののめ(東雲)」とは、夜が明けようとして東の空がわずかに明るくなる頃のことをいいます。

明かり取りの窓の篠竹の目が明るくなることが語源とのことです。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水仙

絵羽織

bottom of page