エゴノキ

エゴノキは落葉小高木で、北海道~九州・沖縄まで、日本全国の雑木林に多く見られます。

和名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来します。チシャノキ、チサノキなどとも呼ばれ歌舞伎の演題『伽羅先代萩』に登場するちさの木(萵苣の木)がこれです。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

過去の眼