top of page

北風正造

兵庫の三偉人の一人北風正造木津家2代得浅斎門下で、武者小路千家11代一指斎から乱飾の相伝を受けています。正造は兵庫の豪商北風家の66代目当主です。幕府御用掛を勤めながら、資金面から勤皇の志士を後援しました。

維新後は友人でもある初代兵庫県知事・伊藤博文と共に、兵庫および神戸の発展に貢献しました。

現在、世界遺産に指定されている姫路城は、正造が官軍に15万両献金したことで焼かれずに済みました。神戸駅の敷地も無償で提供し、湊川神社の創建、湊川の付け替え工事等、その事績はまことに大きなものがあります。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

Comentarios


bottom of page