• 木津宗詮

南方熊楠

 明治22年、南方熊楠は和歌山県田辺市に移り住みました。当時、行われていた神社合祀令に怒りを感じ、その思いを鎮めるために同市の法輪寺の大蔵経を借り受け、連日、めぼしいところを抄写しました。  そうした中の第186套の帙の内側に、誰かが「陀羅尼雑集十巻不足」と記しているのを線を引いて消し、「右ハ不足ニ非ラズ、見出セリ、南方熊楠識」と記しています。





36回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.