• 木津宗詮

寒造り

 20日が「二十四節気」の24番目の大寒でした。小寒から数えて15日にあたり、この日から立春までの15日間が一年で最も寒い時期とされています。ところが今年は例年になくとても暖かい寒中です。

 一般的には1月20日を「大寒」といいますが、天文学ではその瞬間を大寒とします。ですから1月20日23時55分が大寒なのです。

『暦便覧』では、


  冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也


とあります。毎年、テレビのニュースや新聞で、大寒の禊や寒稽古などが取り上げられ、冬の風物詩の一つとされています。

 この時期、「寒造り」とか「寒時仕込み」といって日本酒の仕込が行われます。江戸時代初期までは四季醸造といって、新酒、「間酒(あいしゅ)」、「寒前酒(かんまえざけ )」、「寒酒(かんしゅ)」、「春酒(はるざけ)」と年に5回、四季を通じて酒が造られていました。ところご延宝1年(1673)、江戸幕府は酒造統制の一環として「寒造り」以外の醸造が禁止され、「寒造り」が醸造法の主流となったそうです。

 この冬の異様な暖かさにより、今季の「寒造り」の酒に何か影響があるのではないかと気になる今日この頃です。



92回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.