明智光秀

 明智光秀の首塚です。本能寺の変の後、天王山の合戦で羽柴秀吉に負け近江の坂本城に逃れる途中、小栗栖で竹槍で刺されて自刃して果てました。光秀の遺骸は本能寺に晒され、首は粟田口北角に埋葬されました。