初代松斎宗詮6 松平不昧

更新日:2019年10月5日



松平不昧は、出雲松江藩の七代藩主で、名を治郷(はるさと)といった。不昧は号で、他に未央庵(みおうあん)・一々斎(いちいちさい)・宗納(そうのう)などがある。ちなみに、不昧の号は、江戸天真寺の大顛(だいてん)が、『無門関』第二則・百丈野狐(ひゃくじょうやこの)「不落不昧(ふらくふまい)」を出典として授けた号で、不昧は特にこれを愛用している。

 寛延四年(一七五一)、第六代藩主宗