top of page

梅ヶ枝湯

岡山で用を済ませた後、高砂に立ち寄りました。二代宗詮の生家である善立寺にお参りしました。

岡山はそれほど湿度が高くなかったのですが、高砂は格別蒸し暑く汗だくになってしまいました。そこでこの梅ヶ枝湯の前を偶然とおりがかりました。思わず汗を流したいという衝動に駆られて入りました。

戦後の創業とのことですが見事にレトロな銭湯です。脱衣所はじめ、浴場も創業以来のものだそうです。浴場にはシャワーもなく、蛇口だけ、どうしたわけかわかりませんが鏡は床から一メートルほどのところにあります。お決まりの小さな椅子と洗面器。それにタイルの張られた駅のホームの水飲みのようなもの。一間四方の浴槽と半間四方の浴槽。全体は三間・四間の広さです。レンガの煙突、今も木材で湯を沸かしています。おまけに番台には同じく骨董品のおばあさん。

ここまでくるとお見事です!

写真を撮れなかったのがとても残念でした。下手な絵ですが私の描いた図で想像してください。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春日燈篭

コメント


bottom of page