楠公首塚

湊川の合戦で自刃した楠木正成公の首は、足利尊氏の命で首級は観心寺に送られ同寺今日も祀られています。

正成公がいかに優れた武将であったかがわかるとともに、敵の首級をこのように大切に扱った尊氏の度量の大きさ、さすが幕府を開いて武士の棟梁になるだけのことはあります。

尊氏にそうした扱いをさせた正成公の偉大さを、改めて思いしることができます。






閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弁当