正月準備

 望月玉渓の茶筅売り図です。


 むかしの京の風物詩に、12月13日の事始めから大晦日(おおみそか)まで茶筅を売り歩く茶筅売り(空也堂衆・鉢叩)というものがありました。これは踊念仏の開祖空也上人の空也忌である11月13日から大晦日まで48日の間、上人ゆかりの空也堂の茶筅売りが、洛中洛外を鹿の角をつけた鹿杖(かせづえ)をつき、瓢箪を撥(ばち)で叩きながら念仏や無常和讚(わさん)が唱えて勧進する合間に茶筅を売っていたのです。


  長講堂の門前で鹿杖を地に突き立て、瓢箪を叩いて筵に喜捨を受ける2人の空也堂衆

  ・鉢叩 「上杉本洛中洛外図」より

廬山寺の前を通る鉢叩きと鉦叩き(時宗の空也念仏の流れを汲む聖たち)「上杉本洛中洛外図」より

六角堂の門前を歩く茶筅売り。竹ざおにつけられた藁のツトに竹ぐしを刺し、そこに茶筅を挿して担いでいる。鉢叩きは日常茶筅を作り、年末にこれを商った。 「上杉本洛中洛外図」より


 この茶筅は年の瀬の正月準備の品として求められました。茶筅売りの勧進の結願の一夜開けた元旦の早朝には、禁中はじめ広く貴賎の別なく家々で新年を寿ぐ「大福茶」にこの茶筅が用いられるのがかつての京都の習いでした。  なお、茶筅売り