神武天皇

 今日は「建国記念の日」です。戦前は「四大節」のひとつである「紀元節」で、『日本書紀』が神武天皇が橿原宮で即位した日として定めた祭日です。

「四大節」とは、元日に天皇が元旦の早朝に天地四方を拝する行事である「四方拝」。日本書紀による神武天皇即位の日である「紀元節」。現在で言うところの『天皇誕生日』である「天長節」。明治天皇の誕生日の「明治節」。この4つの祝日を戦前は「四大節」として国を挙げて祝いました。戦後は、「四方拝」は「元日」、「紀元節」は「建国記念の日」、「天長節」は昭和天皇の誕生日が4月29日、上皇は12月23日、今上天皇は2月23日でこの日が「天皇誕生日」、「明治節」は「文化の日」となりました。なお、四方拝は皇家の私的な行事として行われています。

 さて、『日本書紀』の卷第三・神武紀に、


  辛酉年春正月 庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮 とあります。「辛酉(かのととり)年春正月、庚辰(かのえたつ)朔(ついたち)」で日付は正月朔日、すなわち1月1日となります。明治6年(1873)に2月11日に改めました。戦後、連合国軍最高司令官総司令部により廃止されました。昭和41年(1966)に、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」という趣旨の「建国記念の日」を定める国民の祝日に関する法律の改正が成立しました。翌年2月11日実施され今日に至っています。なお、奈良県の橿原神宮では、毎年、勅使参向のもと御祭神の神武天皇の古を偲び、建国創業の聖業を景仰する紀元祭が執り行われています。


   近衛文麿筆横物 愛国