織部灯篭

 桃山時代、茶の湯の興隆により、新しく茶の湯の露地が生まれ、夜の茶会の為に露地の明かりとして、古社寺の石灯籠が利用されるようになりました。江戸中期の茶人 松本見休による有楽流茶法と点前伝授の書である『貞要集』によると庭に灯篭を取り入れたのは千利休が始まりとしています。実際、茶室の露地に積極的に灯篭を用いたのは古田織部であったとされています。茶人の好みの灯篭も新しく創作されます。その代表的なものが織部灯篭があります。『古田織部正殿聞書』に、


 直柱之本台石之有ハ悪シ、柱之本ヲ直ニ地掘入テ

 吉、トウロ惣之高サ見合能程也、低ク居ルハ心持

 吉、高サハ不定、掘入地形直ニシテ可掘居也


通常、灯篭は上部から、宝珠・笠・火袋・中台・竿・基礎・基壇から構成されます。織部灯篭は下方の基礎・基壇がなく地面に竿を直接生込んで設置します。こうしたことから一般的な社寺の燈籠に比べてやや小ぶりで、比較的地味で庭の状況に合わせて竿を地面に埋めて燈籠の高さを調整できることから茶の湯の露地の趣を深くするということから好んで使われています。なお、一部の人たちから、竿の部分の上部が横に張り出しているため従木の長いラテン式十字架とかT字型のエジプト十字架模していると解釈され、また竿の上部に十字の文様やアルファベットを組み合わせたような異形の文字記号が陰刻されていてそれをキリシタン関係の「IHS・ FILIUS、・ PATOLI」と見立てられ、また下方に立像をイエスであるとかバテレン(宣教師)、マリ