袖摺の松

 大山崎町(京都府)の妙喜庵の茶室「待庵(国宝)」は唯一現存する利休好みの茶室です。待庵の東側に植えられている「袖摺(そですり)の松」について、『都林泉名勝図絵』巻五に、


  袖摺松、茶室の東側にあり、利休ここに幽棲の時、秀吉公来輿し給ひ袖摺て、茶亭へ入

  せ給ふとぞ


      『都林泉名勝図絵』巻五


とあり、実際に利休が妙喜庵に隠棲していたかは不明ですが、豊臣秀吉が待庵に入る時に袖を摺った松とされています。片桐且元の「宝積寺絵図」の妙喜庵には、石垣と門と一つの屋形に一本の大きな松が描かれ、「妙喜庵」、「かこひ 袖すり松」と書かれていて、この「かこひ」が待庵であるならば、利休が待庵を好む前からこの場所にあった松と思われます。なお、この松は享保年間には枯れてしまい、その跡に2代目が植えられますが、これも昭和40年(1965)に枯れ、現在はその実生の3代目の松が同じ場所に植えられています。


    2代目袖摺松


2代目袖摺松古材茶杓 大徳寺嶺雲室管長 銘嘉翠

3代目袖摺の松