鍛冶對馬

 安田是誰(ぜすい)の事跡ついては多く伝わっていません。元禄15年(1702)、京都に生まれ、禁裏御用の鍛治師で、武者小路千家6代真伯の門人でした。『京都御役所向大概覺書』の享保元年申改の「諸役御免除之分」の中に、


 貳軒役       西堀川通中立売上ル町

 一、鍛冶御用           鍛冶對馬


とあり、現在の堀川通中立売上ル「堀川下之町」に居住していました。堀川下之町は現在の堀川通の中立売通と一条通の間、ちょうど堀川通の真上にあたります。町名だけが残っていて民家の全くない町です。これは昭和20年(1945)、空襲による火災の延焼を防ぐため、建物密集地の建物を取り壊し、道幅を広くし、被害を最小限に食い止めるために行われた建物疎開の対象になったため、一町が地上から消えてしまったためです。堀川下之町は慶長(1596〜614)前後、「鍛冶屋町」といい、のちに現在の町名となりました。寛永14年(1637)の『洛中絵図』には「かちや町」、宝暦12年(1762)の『京町鑑』には「堀川下之町」とあり、是誰の頃は堀川下之町であったようです。『京雀』には「この町には釘かすがいなどつくる鍛冶おほし」とあり、また新刀鍛冶の祖と呼ばれる堀川国広の高弟である大隅掾藤原正弘が住み、多くの門弟を育てた地でありました(『京都市町名変遷史3聚楽周辺(上京区)』。是誰の先祖も正弘の門下で、その流れの鍛治師であったと考えられます。ちなみに、刀剣史では慶長年間を境に古刀、新刀と区別されています。

 江戸時代の鍛治師は、基本的に鍛冶頭の格式である「日本鍛冶惣匠」を名乗り、禁裏・幕府御用鍛冶三品伊賀守金