雄観奇想

琵琶湖疏水は明治になり衰退していく京都市の産業を復興させる目的で 当時の京都府知事であった北垣国道が計画した事業です。この疏水の事業の一貫として、日本で初めての水力発電所も建設されました。疏水は、大阪・琵琶湖間の船運、農業・工業用水、防火用水・飲料水と多目的に利用され、京都の発展に大きな役割を果たしました。写真は、三条通から南禅寺に通じるアーチ形に煉瓦を積んだトンネルの上部に、北垣国道が揮毫した「雄観奇想」という文字です。優れた眺めと思いもよらない考えという意味です。




閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

押し麦