• 木津宗詮

初代松斎宗詮5 八百善

最終更新: 2019年10月5日

松斎は、いつのころか不明であるが、雅楽を広めるために江戸に下った。江戸での雅楽伝播活動は意の如くならず、たちまち困窮することとなった。松斎は自ら楽器を作る器用さがあり、同様に料理もできたようで、当時、江戸で著名な料理屋八百やお善ぜんの板場で料理人として身を寄せることになった。 

 当時、八百善は漢学者で狂歌作家・戯作者として知られる大田蜀山人しょくさんじんや絵師で俳人として著名な酒井抱一ほういつ、儒学者で書家の亀田鵬斎ほうさいなどの文人墨客が集う高級サロンでもあった。またペリー来航の際の饗応料理も担い、徳川将軍家代々の御成りも仰ぎ、江戸随一の名声を得ていた。多くの客の中に、出雲松江藩主で茶の湯に格別造詣の深い松平不昧ふまいもそうした客の一人であった。松斎は八百善に不昧が訪れた際、不昧の専属の料理人となったのである。




18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2代得浅斎宗詮3 一指斎の後見

得浅斎は、松斎の茶の湯を義母の柳とともに支えた。武者小路千家は此中斎の離縁により、急遽新たに後継者を迎える必要に迫られた。「登士録」に、嘉永5年(1852)3月22日に表千家の吸江斎の息子で、以心斎の甥にあたる辰之助、のちの一指斎が再養子として入家している。辰之助が5歳の時のことであった。「松平家譜」には、同5年4月19日に、「茶道格別之家筋」ということから、未だ幼年ではあるが、十人扶持を支給され

2代得浅斎宗詮2 茶の湯修行

家元への入門並びに許状の台帳によると、得浅斎は天保6年(1835)、14歳の時に武者小路千家九代好々斎に入門している。なお、好々斎はその10日後に41歳で没しているので、好々斎に直接茶の湯の指導を受けることができなかったと思われる。いずれにしろ好々斎の最後の弟子の一人であったといえる。 同10年(1839)3月に小習六ヶ条と、唐物点・茶桶箱、同年10月には台天目と盆点・乱飾、そして流儀の最奥義であ

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.