宇治川

最終更新: 2020年12月10日

9月27日、オンライン研究会「敲茶会」の撮影で訪れました。

ご承知の通り、宇治は茶所で、茶の湯とは格別縁の深い地です。宇治川にかかる宇治橋橋の西詰から三つ目の柱間に設けられ、上流側に張り出した部分を「三の間」といいます。ここは宇治橋の守護神「橋姫」を祀った名残といわれています。また、豊臣秀吉が茶の湯の水を汲ませたところともいわれており、10月の茶まつりの際『名水汲上の儀』が行われます。また、宇治橋の北詰の茶店「通円」は、代々宇治橋の橋守をつとめ、11代通円は豊臣秀吉の信任を受けて宇治川の水を汲み上げる役を務め、その時に釣瓶も今日に伝わっています。他にも橋姫神社、興聖寺等の取材を行いました。


















16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.