寿老人


 七福神の一人寿老人の姿は身の丈三尺(約90センチ)の小柄で、、長い頭に長い白髭、巻物をつけた杖を持ち、鹿をつれた姿で多く描かれるのが定番です。

 初代木津宗詮の茶杓「寿老」二本です。一本は共筒共箱で、逆樋の竹を用い、全体に横幅が同じで節のあたりがほんの少しだけ広く、櫂先は柔らかな丸形の丸ためになっています。ぼってりした雰囲気はどこか寿老人に通じます。



 もう一本は共筒で父6代徳至斎が極めの箱書をしています。こちらも逆樋の竹で、節を手前にとり節上が全体の三分の二で相当長く、櫂先は折ためといています。節上が長いことから寿老人の頭に見立てたものです。



 二本ともいかにも寿老人の趣を感じさせてくれる茶杓です。



108回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.