小豆粥

最終更新: 2020年3月7日

 1月15日は「小正月」です。中国式の太陰太陽暦が導入される以前、望の日を月初としていたことの名残りと考えられるそうです。  元旦から「小正月」まで年神や祖霊が訪れて滞在するとされています。注連縄や門松もこの日までです。かつて元服の儀を小正月に行っていたということから、1月15日は国民の祝日「成人の日」としていましたが、平成12年から1月第2月曜日に変更されています。そして「小正月」には邪気を払い一年の健康を願って「小豆粥」が食べられます。

 古くは「小正月」に宮中では「七種粥(ななくさかゆ )」が食べられていました。ただし、この「七種粥」は7種類の草・菜ではなく、コメ・アワ・キビ・ヒエ・ミノ・ゴマ・アズキなどの中の7種類の穀物で作られた粥です。平安時代の延長5年(927)に完成した法令集である『 延喜式(えんぎしき )』に、「正月十五日の供御の七種の粥料」にみられます。そこには「米一斗五升、粟(あわ)黍子(きび)薭子(ひえ)葟子(みのごめ・むつおれぐさ・たむぎ)胡麻子(ごま)小豆(あずき)各五升、塩四升」の7種とされています。他にも『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されています。

 

  十五日、今日小豆粥煮ず。口をしくなほ日のあしければゐざるほどにぞ今日廿日あまり

  經ぬる。徒に日をふれば人々海をながめつゝぞある。めの童のいへる、

   立てばたつゐれば又ゐる吹く風と浪とは思ふどちにやあるらむ   いふかひなきものゝいへるにはいと似つかはし。

                              『土佐日記』正月十五日



90回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

六根

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.