top of page

帽子棗

帽子棗は、利休好とされる溜塗で、撫肩で裾が張った被せ蓋の薄茶器です。棗と呼ばれていますが、棗とはまったく異なる形です。帽子棗という名前は被せ蓋が、いかにも帽子のようなことからの名称とのことです。

この帽子棗は武者小路千家七代直斎の書付で「望月」と銘がつけられています。どのような理由で「望月」かは不明です。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅花祭

餅型

bottom of page