建掛塔

楠木正成公は後醍醐天皇の命で金堂(国宝)を造営し、三重塔の建立を計画しましたが、湊川の合戦で完成をみずに戦死したため建掛塔(たてかけのとう)と呼ばれています。










閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東福寺は京都でも有数の紅葉の名所として有名です。山内の渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)を中