top of page

新幹線

かつて鄧小平が訪日した際、日本の新幹線に乗って、「速い。とても速い! まるで後ろからムチで追い立てられているかのようだ。これこそ私たちが今、求めている速さだ」と言ったエピソードがあります。今の中国の新幹線は日本の新幹線となんら変わりません。隔世の感があります。

ただし日本と違ってセキュリティが厳格で、荷物検査や乗車手続きがとても煩雑で駅には1時間以上前に到着しなければなりません。そういう意味では日本の新幹線はすぐに乗れるという利便性があります。また駅員が高圧的に大声で叫んでいるのは、日本のサービスがとても優れていると思います。ただしセキュリティという意味では日本は全く無防備です。駅では警備員が立ってるだけ。車内では巡察しているだけ。もし私がテロリストなら、京都駅でのぞみに乗って、時限爆弾を網棚に置いて、名古屋駅で降りれば新横浜まで停まらないので、簡単に成功します。そういう意味では今まで何もなかったことが不思議にすら感じます。いかに日本が平和なのかを実感します。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page