旅箪笥

小田原従軍


宗易の桐箪笥は、小田原御陣の時、持参申されし作也


と、『南方録』にある。「小田原御陣」とは、天正18年(1890)三月に豊臣秀吉が小田原の北条氏(後北条氏)を武力攻撃するために、京都聚楽第)じゅらくだい)から大軍を率いて東国に出陣したいわゆる「小田原征伐(小田原の役)」のことである。秀吉は箱根湯本の早雲寺に陣を張り、北条氏政(うじまさ)・氏直(うじなお)父子を小田原城を完全に孤立させる長陣の作戦で臨んだ。この時、利休も秀吉に従ってその陣中にいた。


箪笥とは、中に棚がありそこに茶道具を入れ、蓋のついた持ち運びのできる木製の箱のことである。このとき利休は「桐箪笥」、すなわち後世利休好みとされる桐木地旅箪笥を持参したのである。持参とあることから、あらかじめ京都の職人に作らせたものを小田原に持っていったのであろう。なお小田原従軍のおりに利休は伊豆の韮山(にらやま)で竹を切り出し、その竹で花入を作っている。一重切「園城寺(おんじょうじ)」と「音曲」、逆竹寸切「尺八」、二重切「よなが」も作ったとされている。「尺八」は秀吉に献上し、「音曲」は織部に送り、「園城寺」を少庵への土産にし、「よなが」は利休自らが所持し、『利休百会記』天正十九年一月の会に「よなが」の名がみえる。また、この従軍にあたり、利休の後妻宗恩(そうおん)が帛紗を仕立てて薬を包み、その寸法がとても良いということで利休が点前帛紗に採用したとされている。利休にとって小田原従軍は大変大きな意味のある出来事であった。




旅箪笥

利休好みとされる旅箪笥は、総桐木地のまことにシンプルなもので、内部は大小二枚の棚板が二段になり、上棚の板は左方に柄杓をかける切れ込みがあり、中棚は上棚に比べやや浅い板となっている。地板手前に内側左右いっぱいに溝があり、上から戸をはめこむ倹飩(けんどん)式の前戸。前戸の上中央に落とし込みの金具がついている。そして棚外側両方に持ち手の桟がついている。寸法は高さ1尺4寸8分(44・8センチ)、幅1尺1寸4分(34・5センチ)、板厚さ3分(0・9センチ)、奥行き9寸(27センチ)となっている。のちに利休好みの旅箪笥をもとに裏千家4代仙叟や片桐石州等の好みがある。