top of page

春の嵐

明日ありと思う心のあだ桜

夜半に嵐の吹かぬものかは


親鸞上人の有名な歌です。春を謳歌するごとく爛漫に美しく咲く桜。明日も見れるだろうと思っていても今宵嵐がふいて散ってしまうかもしれません。




閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

絵羽織

豆撒き

bottom of page