top of page

水羊羹

水羊羹といえば夏の和菓子のイメージですが、福井県では冬の風物詩どす。こたつに入って冷やした水羊羹が食べられます。菓子屋だけでなく、青果店や洋菓子店の店頭にも並びます。一世帯あたりの消費量は日本一だそうで、それも冬に消費量されています。福井の水羊羹は、他の地域のものに比べて糖度が低く保存が難しく、気温の低い冬に廊下や縁側を、冷蔵庫がわりにして保存していたことによるそうです。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅花祭

餅型

bottom of page