『茗會録』

『茗會録』は、直斎門人で娘婿でもあった樋口道立が、安永4年(1775)12月12日の安田是誰の会を皮切りに49回にわたり記した自他会記で、写真は天明2年(1782)の直斎の口切の記録です。客が是誰と道立、4代中村宗哲、花入を「花注」、水指を「水注」、茶入を「茶注」、茶碗を「茶盞」とわざわざ煎茶風に表記しています。

是誰が安永4年に催した茶事の会記を、直斎の娘婿樋口道立が「茗茶録」に記録しています。




安永四乙未十月十二日風炉余波午時

 安田是誰亭茶記 かこゐ一畳大目向切

  客 阮道立、馬嶋春成、野瀬方雅

掛物 佐々木志津磨書、寂蓮秋夕之歌一首

釜  あしや ふとん形 

    風炉 宗全眉風呂

香合 呉洲丸香合

花入 竹 尺八 一翁作銘龍根

   花 菊

水指 伊賀 ナマシメ

茶入 瀬戸 耳付

        袋 唐鈍子 

茶碗 黒楽 自作 今鈍太郎ト書 直斎判アリ

茶匕 空中作

 料理 角折敷 面桶椀

菜モリ

向  鱧 セントウニ  汁  菜

ヱモノ 茄子

取肴 塩引 朝鮮海苔

くわし

置くわし 松葉

薄茶器 棗

 右老人七十四歳 花庭中之秋菊五種

         小菊、中菊を□□へ甚だ清雅