菜種餅



  朧月夜 菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端霞ふかし 春風そよふく空を見れば 夕月かかりてにおい淡し       「文部省唱歌」


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示