鶴の子

大徳寺の大綱和尚の命銘になる「鶴の子」という茶碗です。鶴の子は鶴の卵という意味です。

直径15センチほどの小振りな茶碗で周りに小さなプツプツした突起物が無数にあります。箱の表には「呉須茶碗」と明記されています。この不思議な茶碗のことについて詳しい方に伺うと正体不明とのことでした。







いずれにしろ大綱和尚は鶴の卵の実物を見たことがなかったと思いますが、大きさや不思議な形状から鶴の卵のイメージを浮かべて「鶴の子」と名付けたのだと思います。

閲覧数:21回0件のコメント