• 木津宗詮

七草

 1月7日は「五節句」のひとつである「人日(じんじつ)」です。正月1日から6日までは獣畜を占い、7日目になって「人」を占う日とされていたことが起源となっています。1日を「鶏」の日、2日を「狗(犬)」の日、3日を「猪(豚)」の日、4日を「羊」の日、5日を「牛」の日、6日を「馬」の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにし、「人日」には犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていました。  人日の朝には7種の野菜が入った粥を食べるのを「七草」といいます。七草とは川辺・湿地に生える「芹(せり)」とペンペン草とよばれる「薺(なずな)」・「御形(ごぎょう・母子草)」・小さい白い花を着ける「繁縷(はこべら、はこべ)」・「仏の座(ほとけのざ・田平子)」・蕪の「菘(すずな)」・大根の「蘿蔔(すずしろ)」の7つをいいます。


  せりなずな御形はこべら仏の座   すずなすずしろこれぞ七草


と歌にも詠まれています。  この7種の野菜を刻んで入れた「七草粥」は邪気を払い万病を除き、お節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。古人の知恵を見ることができます。


   今朝のわが家の七草粥 三日の家元年始の折に随縁斎若宗匠が「宗詮」と認めた箸

   袋に入った両細の箸で毎年いただくのを恒例としている


  七草なずな、唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ


と囃し歌を歌いながら包丁やすりこぎで叩き、当日の朝に粥に入れて炊きます。囃し歌は鳥追い歌に由来するそうで、七種粥の行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられているそうです。なお歌の文句は地方により多少の違いがあります。なお、鳥追い歌とは正月14日の夜と15日の朝に田の稲に害を与える害鳥を追う予祝行事です。それが転じて門付けが扇で手を叩きながら祝詞をいうものとなり、江戸時代には編笠をかぶった女太夫が三味線を弾いて語る芸能となりました。鳥追いの追う鳥は古代中国で子どもの病気をもたらす「枯獲鳥(こかつちょう)」という伝説の鳥とのことで、それが日本にやってきたことがこの歌に読み込まれているという説があるそうです。  「七草粥」を食べる習慣は、江戸時代になり幕府が五節句を公式行事とし、将軍以下全ての武士が「七種粥」を食べる儀礼を行い、庶民の間にも広まったとのことです。


 松村景文の門下で幕末の四条派の絵師長谷川玉峰が画いた「芹図」に2代木津得浅斎宗詮の門人平瀬露香が発句を書いた軸です。

  若返る年に根長し芹の髭

106回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.