七草

 1月7日は「五節句」のひとつである「人日(じんじつ)」です。正月1日から6日までは獣畜を占い、7日目になって「人」を占う日とされていたことが起源となっています。1日を「鶏」の日、2日を「狗(犬)」の日、3日を「猪(豚)」の日、4日を「羊」の日、5日を「牛」の日、6日を「馬」の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにし、「人日」には犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていました。  人日の朝には7種の野菜が入った粥を食べるのを「七草」といいます。七草とは川辺・湿地に生える「芹(せり)」とペンペン草とよばれる「薺(なずな)」・「御形(ごぎょう・母子草)」・小さい白い花を着ける「繁縷(はこべら、はこべ)」・「仏の座(ほとけのざ・田平子)」・蕪の「菘(すずな)」・大根の「蘿蔔(すずしろ)」の7つをいいます。


  せりなずな御形はこべら仏の座   すずなすずしろこれぞ七草


と歌にも詠まれています。  この7種の野菜を刻んで入れた「七草粥」は邪気を払い万病を除き、お節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。古人の知恵を見ることができます。