出谷

出谷 (花押)


丙子聖廟献茶記念 守


竹茶杓 出谷  

      梅二十五本ノ内


愈好斎が豊公北野大茶湯三百五十年の記念に北野天満宮に奉納した献茶道具の茶杓の写しで、銘「出谷」です。裏面は朱漆に梅の蒔絵が施され、御祭神菅原道真公にちなみ「梅二十五本」のうちの一本です。それぞれ梅に関する銘がつけられています。銘の「出谷」は、菅原道真公の漢詩「早春内宴侍清涼殿同賦鶯出谷」です。


鶯児不敢被人聞 出谷来時過妙文

新路如今穿宿雪 旧巣為後属春雲

管絃声裏啼求友 羅綺花間入得群

恰似明王招隠処 荷衣黄壞応玄纁


鶯児(おうじ) 敢へて人に聞かしめず

谷を出でて来たる時妙文(みょうもん)に過ぎたり

新路(しんろ)は如今(いま)宿(のこん)の雪を穿(うが)つ

旧巣(きゅうそう)は為後(こののち)春の雲に属(あつら)ふ

管絃(かんんげん)の声の裏(うち)啼きて友を求む

羅綺(らき)の花の間入りて群(むれ)を得たり

恰(あたか)も似たり明王の隠(いん)を招く処(ところ)

荷衣(かい)黄に壊(やぶ)れて応(まさ)に玄纁 (げんくん)になりぬべし