惣朱

 好々斎の門人で、幕末の大阪の俳優市川助寿郎の狂歌です。屋号を大和屋、俳名素桐。武道事の立役(たちやく)や老実を本領としたそうです。


御水屋にて

 千宗守手造の茶盌の

 われたると聞て

数々に色を

  ましたる

 赤茶碗

   これハ

  惣朱に

   繕ふか

     よし

      素桐(花押)