本茶

 高山寺の明恵上人は建仁寺の栄西禅師が宋(中国)から持ち帰った茶の実を譲られ、高山寺の山内、清滝川の対岸、深瀬(ふかいぜ)三本木に植えました。栂尾の地は地味がよく優れた茶を産したということです。現在、高山寺には「日本最古之茶園」の碑が建てられています。