柄杓

高山の懇意にしている竹芸家の三原さんの工房を訪ねました。柄杓の作り方の実演をしていただきました。普段水屋道具として当たり前のように思っていますが、茶の湯においてなくてはならない道具です。杉木普斎の茶書に「大将だけでは戦はできない」と蓋置のことを記されていますが、蓋置は会記に書かれます。柄杓は消耗品ということで書かれることはありませんが、とても大切な道具です。そんな柄杓もこの上もなく奥の深いものだと改めて感心させられました。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

指金