柳桜



 あをやきの   糸にもかけて    匂ふなり     場は桜の      花のゆふはへ

          雅光

 飛鳥井雅光賛・小倉豊季画「柳桜図」です。場(にわ)とは蹴鞠を行う鞠庭のことです、四隅に懸かり木または式木(四季木)として松・桜・柳・楓の双生樹を植えます。「匂ふ」はにおいを鼻に感じるという意味のほかに、古語では鮮やかに色づくとか、色が美しく輝き照り映えるとか、内面の美しさなどがあふれ出て、生き生きと輝くなどの意味があります。  鞠庭の糸のようにしなやかな柳に、桜の花が夕陽に映えて美しく輝いているゆかしい光景を詠み込んだ和歌です。

77回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

釣瓶

震源地

山ヒル