• 木津宗詮

梅香

 茶の湯では、炉には「煉香」、風炉には「沈香」や「白檀」の香木を用い、炭からでる不快な臭いを押さえます。煉香は、平安時代の貴族たちが、粉末にした香木や香原料を蜜などを独自の調合により煉りかためたのがはじまりです。まさに日本人の美意識と季節感をあらわした薫物です。その代表的な香りが黒方、梅花、荷葉、菊花、侍従、落葉の「六種(むくさ)の薫物」が今日伝わっています。



  茶

 松垣のひまもり

  いつるたきものの

   梅か丶かほる苔の

         庵かな

       前中納言持豊


芝山持豊の詠草「茶」です。苔むす庵の炉につがれた梅花が、松垣の隙間から洩れ薫ります。「茶」とはそういうものなのです。

 いよいよ茶室の炉も閉められ、明日、5月1日から風炉の季節となります。

22回の閲覧
​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.