榊餅

 昨日、葵祭の神饌のお下がりをいただき、床に3代宗泉の神の一行を掛け、その前に上賀茂神社の遷宮の直会盆に葵桂を載せて飾りました。釜を掛けて京都鶴屋の榊餅でお茶をいただきました。



 榊餅は先代家元有隣斎宗匠のお好みのお菓子です。緑こし餡の餡玉を緑の葛で包んだ正方形のお菓子です。これは榊の花を表したまことに爽やかな風情のお菓子です。



 古代の人は正月の門松同様、常緑樹に神が宿り、神が降りる依代(よりしろ)とされました。地鎮祭の時に神が降臨する依代や、拝礼の折に、祈る人が真の心・真心を込めて神に捧げる紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけた玉串も榊が用いられています。



 


49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

石ひとつ

石ひとつ筆にも濡れて初時雨 武者小路千家11代家元一指斎が友禅染地露地絵に発句を書いています。 十徳を着た宗匠が正客で、次客と末客は裃を着用し腰に脇差をさした武士です。時雨が降っているのでそれぞれ露地笠をかざし下駄を履いて飛び石をすすんでいます。初時雨ということから炉開き、または口切の茶事に招かれたのでしょうか?よく見ると正客と次客の間の飛石があとから墨で書き加えられています。着賛された発句の「筆

​お問合せ

一般財団法人卜深庵

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 一般財団法人 卜深庵 All Rights Reserved.