top of page

浜荻

一啜斎作になる無節茶杓「はまおき」です。

「はまおき」とは浜荻のことです。「嘉応二年住吉社歌合」の俊成の判詞に、

伊勢しまには、はまをぎと名づくれど、難波わたりにはあしとのみいひ

とあり、伊勢や志摩では「浜荻」といい、難波あたりでは「葦・芦・葭」といったとあります。また物の名や、風俗・習慣などは、土地によって違うことのたとえとして「難波の葦は伊勢の浜荻」という言葉もあります。

筒書は、

(花押) はまおき  宗守

箱書は、

無節茶杓 号葭ト 自作渓閑斎

筒の〆は花押で、一啜斎の別号「渓閑斎」と認め、深い樋の部分を薄く削り櫂先を矯めた珍しい無節の茶杓です。


神風の伊勢の浜荻折り伏せて

旅寝やすらむ荒き浜べに

         よみ人しらず


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page